従業員一人ひとりが絶えず安全を追求しています

現場巡視

社長や安全統括管理者が定期的に現場へ出向き、安全確保に向けた取り組み状況の確認や指導、意見交換を行っています。

ヒヤリハット・事故の芽情報の収集と活用

日ごろから「ヒヤッとした」「ハッとした」ことや、そのまま放置しておくとトラブルの発生につながるかもしれない危険(事故の芽)を収集し、その対策を共有化することにより、事故防止の強化に生かしています。

活用事例 自動改札機におけるIC専用通路の表示

事故の芽

切符を持ったお客さまがIC専用自動改札機に入り停止したため、後続のお客さまがぶつかりそうになっていた。

改善前

改 善

路面のIC専用の案内表示を改札機の外まで延長、頭上の案内表示板を新設することにより、視認性を向上させました。

改善後

改善後

内部監査

運輸安全マネジメント体制が確立、適切に機能(計画〈Plan〉→行動〈Do〉→確認〈Check〉→改善〈Act〉→新たな計画〈Plan〉)していることを確認し、輸送の安全性向上に努めています。

教育・研修

ドライブレコーダーの映像を使った事故防止研修、初任運転士や運転士年代別教育などあらゆる面から人材育成を行っています。

鉄道技術力向上の取り組み

技術係員の技術力のさらなる向上を目的に、技術力競技会を実施しました。技術力を競い合いながら各専門分野に対する理解を深めるとともに、ベテランから若手への技術継承につながる効果もみられました。

訓 練

事故や災害など不測の事態が発生したときに、人命救助を最優先に行動し、速やかに安全で適切な対応がとれるよう、あらゆる訓練を行っています。